すこし休んで

img046.jpg

ちょっとお茶はどうですか?

すこし休んでまたがんばって

すこし休んで次にまた

今日はよくがんばったね

よく寝てまた明日もがんばってね

三月の雪

DSCF4364.JPG   DSCF4374.JPG   DSCF4398.JPG

三月なのに雪が降っている

冬に戻ったようなそんな感じだ

今日は雪が降っているね いつもより寒いね

と小さな娘に話しかける

小さなその子は遊ぶことに一生懸命だ

初めて過ごした子どもとの冬

そして春 夏 秋

あっという間だったような気もするけれど

やっぱりいろんなことがあったなぁ

またこうして はるなつあきふゆと季節は流れていくんだなぁ

あたりまえのようだけれどちょっぴり感慨深い

となりで笑っているこの子は明日もきっと遊ぶことに一生懸命だ

窓の外は三月の雪

春はまだもう少し先のようだ

だけれど春は雪が舞うその向こうで静かに待ってるよ

季節外れの雪にそんな声が聞こえてきそうな三月の午後

こころの風景

DSCF4343.JPG DSCF2243.JPG   DSCF2148.JPG

今のこのときは今しかない

時間は流れていくけれど忘れたくない気持ちがある

いつかふりかえったとき 楽しいこと 悲しいことも ひとつひとつが ひとつの物語

今のこのときは一瞬一瞬でそのときの気持ちや風景でさまざまに彩られるけれど

嬉しいこと そうではないことも いつか思い出になる

時間は止まらない

どんな気持ちも大事

変わる気持ちもあれば変わらない気持ちもある

どんな日にしたいかな

今日はどんな気持ち?

明日のことはわからないけれど希望を持って生きていこう

希望がみつからなければ探しに行こう

悲しい気持ちがあったらそれも一緒に連れて探しに行こう

どんな風景がみえるかは誰もわからないけれど

なにか感じるものがみえたらそれはそのひとにとっては大事なこと

その感じたものを大切に

いつかふりかえったとき

いろんな風景があったらいいな

あさ  (こころの舟を漕いで~)

img004.jpg朝がはじまるよ

新しい朝が

みんなと話したのももうきのうのこと

笑い声、不安な気持ちが入り交じったそんな朝から今日がはじまる

希望をそっとポケットにいれて

今日という日を

風に感じて

時は前に進んでいくものだから

今はただ前をみて

前をみて

ゆっくりとこぎだそう

こぎだそう

いろ

DSCF1521.JPG

色をぬってみよう

どんどんぬってみよう

色をかさねてみよう

どんどんかさねてみよう

どんなふうになるかな

どんな色になるかな

あれっ   ちょっと濁っちゃったかな

あっ  でも  これもまたいいかな

最初のイメージとはちょっとちがうけど

これもまたおもしろい

いつもいつも決まったかたちだと

つまらないもんね

日常も同じだね

なにがあるのかわからない

つぎになにがあるのかわからない

でもだからおもしろい だからこそおもしろい

さて

この絵のつづきはどうしよう

あわてなくてもいいよ すこしあせる気持ちもわかるけど

まず すきな色をぬってみよう

それからまた色をぬってみよう

そんなふうにやってみよう

そんなふうにやっていこう

いつか景色がみえてくるかもしれない

いまはまだわからないけど

でもだからおもしろい だからこそたのしいね

きっとなにかに会えそうだ

それはなにかわからないけど

たのしみは歩きながらみつけていこう

歩きながら感じていこう

ずっと ずっと つづいている道の途中で

詩  無題

DSCF0664.JPG

時間はながれていく

いつもいつもながれている

時を感じるこのときは

今までのこと、すこし、ふりかえったり

思い出して、なつかしかったり

そんなきもちはまるで宇宙をただよう風のよう

さわれそうで、もう、さわれない過去

今というこのときは、やっぱり今を感じることで、そこに存在するのがわかるよ

みらいはまだこれから・・・

今を感じて、今のきもちを

page top